Entry Navigation

往年の名車が続々と…

タミヤさんから来年1月から2月にかけて、続々とRCで往年の名車が発売されるようです。
F1からは「タイレルのシックスホイラー」
たいれる
ラリーカーでは「フェアレディ240Zラリー仕様」
ぜっと
ミニクラスでは「ホンダS800レーシング」
ほんだS800
ツーリングでは「BMW E30 M3 SPORT EVO」
びーえむ
いつもタミヤさんには、ラジコンらしくない超リアルな作りこみに驚かされます
スピードを競うレースも楽しいですが、リアルボディでのレースも楽しそうです。

モーターは遅いもので手持ちを適当に、ギヤ比を抑えて、ライト点灯、クラスは①リアルツーリング ②リアルF1 ③リアルミニ、速度は各クラスに見合うスピード域で…
あっ忘れていました…④リアルラリーはコースに障害物を作ったりして…

気候が良くなった夕暮れ時には、こんな遊び方もしてみたい気がしますが…










スポンサーサイト
category
ラジコン

ブラックリフェ3300&2200

これからのパワーソース
画像をアップします。
まずは3300から…
CIMG7112.jpg
裏側は…
CIMG7114.jpg
サイクロンに搭載してみます。
CIMG7117.jpg
アッパーデッキとのクリアランスは…
十分なスペースがあります。
TCシャシーの場合は、バッテリートレイを外さないと搭載できないようです。
CIMG7131.jpg
搭載した状態の裏側は…
バラセルのスロットから上手くバッテリーの突起部分が出るようになっています。
CIMG7118.jpg
厚みを計測してみます。
CIMG7122.jpg
突起のない部分は21㎜
CIMG7121.jpg
突起のある部分は23㎜
CIMG7123.jpg
続いて2200です。
CIMG7115.jpg
裏側は…3300に比べて突起部分が増えています。
CIMG7116.jpg
同じく厚みを計測してみます。
CIMG7128.jpg
突起のない部分は22㎜と以外にも3300より1㎜厚めです。
CIMG7125.jpg
突起のある部分は23㎜で厚さは結局3300と同じでした。
CIMG7127.jpg
ただしその形状の違いから角型の3300はミニに搭載できません
CIMG7133.jpg
CIMG7134.jpg
CIMG7135.jpg
バッテリーの重量は2200が約200g、3300が約235gです。
ひでぼんさん参考にして下さい。










category
ラジコン

13.5T&10.5T

11月21日・22日連日の『峠』入り
来シーズンのレギュレーションの10.5Tと13.5Tの練習をしました。
ピットはスッキリと…
CIMG7090.jpg
13.5Tクラスもタイヤウォーマー使用可能で、コントロールタイヤもしっかりグリップします。
CIMG7093.jpg
1日目は10.5Tを中心に練習しました。
ベストラップは18秒968
CIMG7094.jpg
アベレージは16L5分10秒116でした。
シングルまであと少し…
CIMG7095.jpg
久しぶりにU田さんが峠へ…
同じくブラシレスでピットもスッキリ
CIMG7092.jpg
いつも土曜日登場の「荒○さん」とサルラジ状態で走らせました

続いて2日目…13.5Tのメンバーが揃いました
私的には、店長さん、すわさん、KAWAさんに遠く及ばす。
17L6分07秒 ベストラップも20秒台に入れることができずに撃沈
サイクロン使いの上○さんにセットを教えてもらって、変更したところで降雨のため強制終了次回に持ち越しとなりました

あと…もう一つの課題は…
3600KV値に合わすために、アンプの設定値とモーターの進角の組合わせで、どれがBESTな設定なのか??? 
ベストラップの店長さんのアンプは意外なことにヨコモのコンボセットのアンプで、進角もフルに付けて3600KV以内でした。
KV値の制限をつけることで、価格の抑えたアンプでも十分使えることがわかりました。と、いうよりアンプとモーターを同じメーカーのヨコモを使うことがベストマッチなのか???
まだまだ未知数な部分です。










category
ラジコン

サイクロン復活

TCのパーツが増えましたが、サイクロンが復活しました。
CIMG7072.jpg

アンプはLRP SPXから、最初に購入した同じLRPの SXXに載せ換えしました。
SPXはブラシモーターも使えるアンプなので、ミニに載せる予定です。
CIMG7077.jpg

受信機を縦置きにすることで、アンプもシャシーの内側に収まります。
CIMG7071.jpg
センサーケーブルはスピードパッションの短いものを使って配線を最短でスッキリとさせます。










category
ラジコン

サイクロンで、3シーズンクリア

2007.4から2年6ヶ月頑張ったサイクロン
2枚目のシャシーもここまで使用しました。
未熟なドライバーにしっかり付き合ってくれました。
CIMG7065.jpg
フルメンテに取り掛かります。
前後のバルクも含めてかなりの部分で交換を…
リフレッシュして12月の月例に備えようと思います。
CIMG7067.jpg
息の長いモデルですが基本性能がいいので、来シーズンもサイクロンを大切に使い続けようと思います。
CIMG7066.jpg










category
ラジコン

KV値…それともKY値…

テンションが急降下しているにもかかわらず、気づけば「峠」
やや出遅れての到着でしたが、なんとか小屋の奥に…
この席先週と同じ
と、いうことは…嫌な予感が脳裏を過ります。

いつものようにF-1
今回はTAMIYA12Tブラシレス
CIMG7040.jpg
予感的中 バキッッッ!!
CIMG7042.jpg
フロントウイングが…ポロリ
CIMG7041.jpg
ニューコースの餌食に、走行開始数分でOUT

気を取り直して、KAWAさんと13.5Tツーリングに…
KV値を合わせて走ります。
ふむ、ふむ、まずまずの走り
LRP SPXを使った場合、アンプの設定値4で進角はつけない状態でKV値が約3600前後でした。
冬タイヤが結構グリップします。
調子に乗って走っていると、10.5TのI本さんのラインを避けたつもりが、中央の180Rのところでインをついて接触KV値ではなく、KY値がMAXに…

またまた気を取り直して、10.5Tに載せ替えスタート
今度は、握りすぎで各コーナーが上手く曲がれません
きっちりやってしまいました。
CIMG7044.jpg
カメラの焦点も合いません
ナックルがバキッ!!
CIMG7043.jpg
やはり焦点が合わず…

最近何をしているのか???
何かが狂い始めました

テンションの回復が更に遠のいた一日でした。
KV値?、KY値?、KV値?、KY値?…空気(K)が読めなく(Y)なっていました。

店長さんにもインフルエンザじゃないですが、そんな私のKY値MAXが伝染したのか???
曲がらないと言いながら、夏タイヤを付けていることを知らずにテストと称して走っていました。










category
ラジコン

続・SPX ストックスペックを探る…

SPXストックスペックの1~8のブラシレスパワーシステム設定で回転数を計測してみます。
ヨコモのテクニカルデーターから、この13.5Tの適正回転範囲は…
KV値3500 定格電流7.2Vなので 3500×7.2=25,200 ∴25,200rpm程度は使用可能かと
Li-Feを考えると6.6Vなので 3500×6.6=23,100 モーターの許容範囲です。
CIMG7039.jpg
まず、モーターの進角はつけずに標準で計測します。
CIMG7030.jpg
計測機器は京商のモーターチェッカーを使います。
CIMG7032.jpg
バッテリーはアトランティスのブラックLi-FeとブルーLi-Feをフル充電して使用します。
それでは設定1から順次計測スタートです。
数値が安定したところで、計測します。
CIMG7033.jpg
・設定① 21,600rpm
・設定② 21,900rpm
・設定③ 22,100rpm

・設定④ 23,200rpm
・設定⑤ 23,700rpm
・設定⑥ 23,800rpm

・設定⑦ 66,100rpm
・設定⑧ 66,800rpm

CIMG7031.jpg
以上の結果から…
設定①~③は、モーター本体の進角調整と合わせて使えると思います。

また最大使用範囲の設定は⑥までが適正だと思います。

やはり設定⑦・⑧の使用は、自己責任で…










category
ラジコン

F103活用術

峠サーキットのコースが変わりました。
次回からはこのコースに慣れないと…
そこでF103の登場ですが、★☆タミヤのブラシレスを搭載することにします。
CIMG7015.jpg
今まで使っていた配線では短いので、ブラックに変更して配線します。
CIMG7019.jpg
アッパーデッキもアンプのサイズが大きい為、ショートのものに取替えます。
CIMG7018.jpg
バッテリーはアトラス1600のショーサイズのLi-Feバッテリーですっきりと…
モーターはセンサーレスの12Tギヤ比は5.0なので以前より走ると思います。

シーズンオフに入るので、楽しみ方もいろいろできる時季です










category
ラジコン

峠サーキットシリーズ最終戦

今日は峠サーキット2009年のシリーズ最終戦…
なんと午前中は仕事
皆勤賞がかかっていたので、仕事を終えて峠へ向かうことに、既に予備予選・予選1ヒート・2ヒートと終了していました。
なんとか決勝レースに参加できましたが結果はハチャメチャ「N口さん」を除くすべてのドライバーさんに迷惑をかけることに…
非常に疲れました
只今ラジコンテンション急降下中
CIMG7011.jpg
2年連続の皆勤賞ですが…今年も私に取れるのはこれが精一杯
来年は3年連続に挑戦でも…達成なら+α店長さんお願いします

今日のレースの動画 23T決勝A・Bアップしましたので、リンクしている「びす太の動画」をポチッとしてください。

では、おやすみです










category
RC レース

LRP ストックスペックを探る…

このブラシレスアンプの使用範囲を探ってみます。
CIMG6906.jpg

モーター側で進角調整ができないスピードパッションの17.5Tでテストしてみます。
KV値が2600なので、2600×6.6V=1,716rpmが適正な範囲

CIMG7002.jpg

回転数は京商のモーターチェッカーを使います。

CIMG7004.jpg

バッテリーはアトランティスのブラックLi-FeとブルーLi-Feをフル充電して使用します。

CIMG7006.jpg

CIMG7005.jpg

ブラシレスパワーシステムの設置は1~8までの8段階で設定可能です。

CIMG7000.jpg

① 設定値6で計測します。 
 ・結果は…15,800rpmでした。KV値から計算した回転数を下回りました。
 ・音も穏やかです。
 意外な結果でした。

② 設定値7で計測します。
 ・結果は…なんと 52,000rpmまで読み取れましたが、モーター先端のイモねじが緩み計測用の器具が外れて、チェツカーの本体の中に落ちて電源がダウン計測不能に…
 ・で、音はあの キィィィィィィィィーン!! 異常で壊れそうでした。
 極端に変わりすぎるのには驚きです。
 流石に設定値8はやめることに…

設定値1~6までは穏やかな回転数の上昇を示しますが、設定値7から極端になります。
実走行も設定値7で走らせましたが、バッテリーの消耗も早くモーターにも負荷がかかりすぎるので、使用範囲は設定値1~6までを使うことをお勧めします。というか設定値1~6までが実用域でしょう。

また設定値を上げていく場合には、アンプやモーターの発熱に注意してモーターの進角も調整するようにした方がいいと思います。

速さを求めてモーターやバッテリーを傷める覚悟なら設定値7や8もありですが、避けた方が賢明でしょう。しかも冬季限定で夏季はたぶん無理でしょう

CIMG7003.jpg

次回はヨコモの13.5Tの回転数を計測してみます。
設定値1~順次上げていくことにします。

モーター側の進角も調整しながらテストしたいと思います。

ヨコモ13.5TのKV値が3,500なので、3,500×6.6V=23,100rpmがKV値相当です。

次回また報告します。










category
ラジコン